Top > 軽減税率 > 軽減税率対策補助金の申請

軽減税率対策補助金の申請

軽減税率対策補助金とは、消費税増税に伴う軽減税率を飲食店が導入しようとした際に、必要な経費の一部を補助金として支給する制度のことです。
元々は2017年4月に消費税が8%から10%に上がると言われていましたが、延期され、軽減税率制度は平成31年10月1日から実施されます。
これに伴い、軽減税率対策補助金の補助事業完了が平成31年9月30日までとなりました。
これは軽減税率対策の導入を平成31年9月30日までに完了していることが条件となり、飲食店の皆様は事前準備が必要です。
では飲食店の軽減税率対策にはどのような費用がかかるのでしょうか。
一般的にはposレジなどの導入費用です。例えばposcubeでは複数税率に対応しており、テイクアウトサービスと店内飲食の異なる税率を1つのレジシステムで使い分けることが出来ます。
Poscubeのような機器導入費用の一部が補助金として降りるため、使わない手はないでしょう。
タブレットやスマートフォンで使用するposレジの場合、導入コストの1/2が支給され、レシートプリンターやバーコードリーダー、るーターなどは2/3の額が支給されます。
そもそもposcubeのようなposレジは非常に便利で、軽減税率対策を抜きにしても導入したいサービス
補助金が出るまでに検討してみてはいかがでしょうか。

軽減税率

関連エントリー
軽減税率対策補助金の申請軽減税率対策補助金の申請